スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルグリ&デュポン最後の共演!

NBSからのお知らせの中に、

マニュエル・ルグリの新しき世界Ⅱ >>NBSのサイト

のチラシが入っていました。そうか、この二人の共演は、もう見られなくなるのね

ルグリ&オレリー・デュポンといえば。。。私が大人になって初めてバレエを見たのが、二人の眠りの森の美女だったものです。その時は、バレエのことなど、全くわからなかったので、

「ふーん、なんか女の人の方、足太いな~」

なんて、フトドキな感想を書き残してあります(当時は、公演のたびに感想を書いていたんですよ。。。なんてマメなことをしていたのだろうか。。。っていうか、感想ともいえませんよね

オレリーちゃんのことは、体型も踊りも、全く好きになれず、何でルグリ先生は、彼女をそんなに登用(?)するのだろうかと思っていたのです。その頃は、ロシアのバレリーナが、ダントツにきれいだと思っていたので、ヨーロッパのダンサーのことをあまりきれいだと思わなかったのですよね。動きが固いような気がして。

でも、何年が経って、ある程度バレエを見るようになり、いろんなことがわかってきたら、彼女の美しさがやっとわかってきました。

もう8年くらい前ですが、イレールと踊った、プレルジョカージュの「ル・パルク」は、今までに見たオレリーちゃんの舞台で、一番印象に残っています。

イレールの首に手をまわしたオレリーちゃんが、
宙に浮いたまま
グルングルン回される(しかもキスしたまま)
 


(ええっと、よくお父さんが、子供の両手を持ったまま、グルグル自転しますよね?あれです、あれです。。。)

に、驚いたワケではありませんよ(笑) オレリーちゃんは、クラシックもステキですが、こういうコンテンポラリーが、本当に美しくて、ブラボーです。


ところで、彼女は、文句なしの美人さん 

なのに、なのに、今回のチラシの写真はなんかヘン。。。妙なティアラ?のようなものをつけていて残念です

彼女は、絶対ボブくらいの短めの髪がきれいなのに~

スポンサーサイト

新国立 「ダイナミック・ダンス!」

昨日、夕刊に、振付家トワイライト・サープのインタビューが載っていました。

。。。といっても、全く知らなかったのですが 今度、新国立が、トワイライト・サープ振付のバレエを上演するようです。

新国立劇場バレエ 「ダイナミック・ダンス!」特設サイト

→ABTのジリアン・マーフィーが、サープのバレエについて語っています
ジリアン・マーフィーのインタビュー 

サープさん、バリシニコフの相手役も踊っていたんですね

そして、インタビューでは、「腕を動かすときは、胸と肩の筋肉も一緒に動かすこと。これができれば、小柄なダンサーでもダイナミックに動ける」と語っていました。そうなんですよねー、プロでなくとも、これはよく先生に言われることです

どうしても、腕は腕の付け根から、足は足の付け根から、しか「ない」と思って動いてしまいがちです。バレエの先生の目にはそう見えないようで、例えば、

「胸から下が足だと思いなさい!」

なんて言われます。そんな無理ですがな~ 先生の足は、そう見えますが、チョコマカ動く自分を見ると、やっぱり、足って、足の付け根からしかないんじゃないの。。。と弱気になってしまうんですよー

ところで、私が一番反応したのは、それではなくて。。。サープ振付のバレエの衣装担当が、

ノーマ・カマリ

だということです ノーマ・カマリ・・・何年ぶりに思い出したでしょうか? 

私が高校生だったときに人気のあったデザイナーで、雑誌にはよく、彼女のインタビューが掲載されていたものです。
真っ赤な口紅が似合いそうな、バリバリにバブリーな服だったなぁ。

新国立のサイトでは、黒白のタテのストライプ(でやっぱり肩が大きい。。。)、赤いトウシューズ、という彼女の衣装を見ることができます。さすが大御所、時代は変わっても、基本姿勢(?)は同じなのね

高岸さん水香さんご結婚!

東京バレエ団プリンシパル、高岸直樹さんと上野水香さんが入籍なさったそうです このびっくりなニュース、父親からのメールで知りました 父は、当然のことながら、お二人のことを知らないので、「これはバレエ界では大きなニュースなのでしょうか?」という間の抜けたコメントをしており、私は脱力しつつも、本当に驚きました


東京バレエ団HP ~高岸さんと上野さん入籍報告~


数年前のことですが、街中で高岸さんに遭遇したことがあります。あまりのかっこよさに驚愕しました Tシャツにパンツという軽装でしたが、歩いているだけで、もう大ダンサー。。。胸が上を向いているというのか、ものすごく姿勢がキレイなのです。しかも長身で、ひたすらかっこよく、すれ違った後に思わずUターンしそうになったほどです(笑)

水香ちゃんは、東京バレエ団に入団したときから、高岸さんのサポートが心強かったのでしょうね。バレエ団のいったいどなたが、このカップリングを推薦したのかわかりませんが(背の高さでだいたい決まっちゃうし)、その方は、今日の二人を想像していたでしょうか。聞いてみたいですねー。水香ちゃんにとっては、牧にいたときには考えられなかった人生の展開でしょう。牧では、まだ「お嬢さん」という感じだった彼女ですが、大人の女性になって、すてきなパートナーを得て、ダンサーとしても成熟したい、とずーっと深ーく思考していたのですねえ。その思いが結集して、現実のものとなったのでしょう。うーん、人生っておもしろいな~とつくづく思いました。

お二人には、ダンサーとしてますます輝いていただきたいですっ

小出領子さんの初ニキヤ

NBS NEWSが郵送されてきました。表紙には、来年4月の東京バレエ団の「ラ・バヤデール」再演のニュースが載っていました。小出領子さんが、初ニキヤを主演なさるとのことです 小出さんのフロリナ王女の写真をバスルームに飾っている私としては(笑)、うれしいニュースです。

東京バレエ団の女性ダンサーでは、私は小出さんが一番好きです だって。。。かわいいから そして、足がキレイだから 膝裏がきれいに伸びて、ポワントの美しいところも、とっても好きです。ガンガンアピールするタイプではないのですが、何人で踊っていても、つい、小出さんに目が行ってしまいます。ニキヤ、ステキだろうな~ 

でも、相手役ソロルはサラファーノフくんか。。。うーん、もうちょっと大柄でしっかりタイプのダンサーを持ってきてほしかったなー。。。バヤデールだから、あんまりさわやかじゃなくて、1幕から、超ドロドロでやってほしいなぁ。。。 

ところで、もう一人のニキヤは、上野水香さんです。あいかわらずの美しい足が高々とあがるショットが掲載されています。しかーし!アラベスクに上げた左足の先、よーく見なくてもわかるくらいに、タイツがめくれて、素足が見えてしまっています。以前にも何度もこのような状態になっていたのを見たことがあり、つま先パッドが見えていたときもありました。これって、あのぅ、アリなのでしょうか・・・ バレエ団でも、こういうのは、チェックしないのかなー。もうちょっとタイツを引っ張ればいいのに~と思うのは、余計なお世話かもしれませんが、写真ですから、細部までこだわって、キレイな方が良いと思います

吉田都さんの「自己評価シート」

たまたま、吉田都さんのインタビュー記事を見つけました。

吉田都さんインタビュー~朝日新聞GLOBE

おおっ!っと思ったのが、都さんの「自己評価シート」なるものが載っていたところです。何が自分の強みなのかの順位をつけているのです。

1位「集中力」→なるほど!それはそうだろう。
2位「運」  →これまた謙虚なことをおっしゃる。。。都さんはバレエの神様に選ばれた人なのに~
3位「体力」 →そうなんだ。。。どこまで都さんって謙虚なの(涙)

そして、一番最後、つまり強みとして持ってません、というものに、

9位「決断力」
10位「行動力」

ですよ。。。なんだか、都さんらしくて、ますますファンにっ だって、今、時代はカツマーみたいなのですからね。

(あっ、でも勝間さんは私は結構スキ。テレビで、彼女のそっけない台所とリビングを見て、しかも自動でクルクルお掃除してくれる掃除機を自慢しているところを見て、なんかかわいいな~と思っちゃった

プロフィール

はぎりん

Author:はぎりん
………………………………………
❤大人から始めたバレエ❤

踊るのも、観るのも、すっかりはまって
しまいました♪

海外旅行にもレオタードとシューズを
持参、バレエ公演のチケットをおさえ
てから、航空券を予約します(笑)

が、現在はバレエはお休み中。
もうひとつのお楽しみ、リコーダーを楽しく吹いています!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。