スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田都さん ~NHK プロフェッショナル 仕事の流儀~ その2

吉田都さん特集の続きです。

ジュリエットの役作りをとことん追求する都さんの姿には、やっぱりプロは違うなあと感動しました。

「120%の準備が自分を支える」

はい、都さんがおっしゃると、説得力があります。100%ではなくて、120%なのですね

都さんはもちろん、最高のものを観客に見せたいと思っていらっしゃるからこそ、とことん準備をしてきたのだと思います。それに加えて、ご自身にしかわからない芸術の極み、バレエの楽しさ、を味わいたいから、ここまでやっていらっしゃったのではないかと思いました。これは、バレエに限らず、一流のプロ中のプロ、例えば、野球のイチロー選手、将棋の羽生名人、のような人たちも同じなのではないかな アマチュアの私たちは、その域に達したプロにあこがれているのでしょうね。逆立ちしたって、到達できないんですからね。。。

そうそう、都さんのトウシューズの改造方法には、目が釘付けになりました なんなんでしょうか、あれは。。ソールをあんなにはがしちゃったら、どうやって立つのよ~?!寄りかかれないじゃないのーって思ったけど、そうでした、都さんなら、ソールなんかなくても自力で立てるのでした。失礼しました。釘も抜いちゃってましたから、本当に自分の足裏と足の指で立っているんだ!すごいものです。

画面の右下に、「アマチュアの方がシューズの改良をするのは危険です」というテロップが出てきたのには、思わず笑ってしまいました ←はい、私のことです

番組HPを見ると、「素人がシューズの改良をするのは危険です」と、より直接的ないい方をしていて、笑えます

吉田都さん特集 NHKプロフェッショナル 仕事の流儀

都さんの相手役としてロミオを踊った、ロイヤルバレエ団プリンシパルのスティーブン・マックレーくんは、うーん、都さんとはちょっと個性が違うかな~という印象でした。公演ぎりぎりになっても、ジュリエットの都さんは出来栄えに納得がいかず、練習を繰り返します。普通は公演前は体を休めるために、そんなに練習はしないのに、ロミオが死んで、後を追う場面に納得の行かない都さんなのでした。「スティーブンくん、ほんとは今日はアキバに買い物に行きたかったのに~なんて思ってないかしら」と、勝手に気を揉んでしまいましたよ あっ、すみません、スティーブンくん、若いけれど、そんなダンサーなわけありませんね。失礼しました。

NBSのインタビューでも、「日本公演ではミヤコ(吉田都)と『ロミオとジュリエット』を踊らせてもらうから、それにも本当に興奮しています。彼女は現代バレエ界を象徴する存在ですからね。ものすごく光栄です」と答えています。よしよし、ちゃんとわかっていたんだね

スティーブン マックレーのインタビュー

都さんの映像は、あまり発売されていないので、これからどんどん出してほしいです とりあえず、ドンキとライモンダ希望です
スポンサーサイト
プロフィール

はぎりん

Author:はぎりん
………………………………………
❤大人から始めたバレエ❤

踊るのも、観るのも、すっかりはまって
しまいました♪

海外旅行にもレオタードとシューズを
持参、バレエ公演のチケットをおさえ
てから、航空券を予約します(笑)

が、現在はバレエはお休み中。
もうひとつのお楽しみ、リコーダーを楽しく吹いています!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。