スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田都さんのジュリエット 第2幕

第2幕、第1場の市場の場面です。ジュリエットラブになったロミオが出てきて踊ります。ラーラーシラシードファミレ、レードー♪とロミオ一人で踊りだしましたが、うーん。。。もうちょっと恋する若者の喜びがバクハツしてほしかったです。上品にやるなら、つま先をもっとキレイに大事にしてほしいよ~ シェネのルルベが低すぎないだろうか。。。でも途中の回りながら進むところはキレイでした。ジャンプのとき、飛んでる時はキレイなんだけど、着地の前に、足首から力が抜けてしまっていてもったいないです。

そして、出ました!マンドリン隊!いいな~何度見てもこの踊り好きメロディーが思いっきりノーテンキで、これから襲う悲劇の前、束の間の休息という感じです(笑)しかし、この踊り、運動強度が高いなー。ダンサーは大変そうです。

ジュリエットの乳母が、ジュリエットの手紙をもってやってきます。ロミオたちにからかわれるシーンは、いまいちノリが悪い感じ。乳母のダンサーがきれいすぎるのかも。。。ロミオが喜びを表現するのは、高速のシェネ ああっ、でもシェネ回り始める前に、乳母にキスのひとつでもしてからがいいのに~ 乳母が「まあ、よかったわね」というリアクションしずらいからね。

教会でふたりはひそかに結婚。第3場の悲しい場面にうつります。ティボルトの挑発を避けるロミオ。。。よいですね~!スティーブンくん、いいです!彼って、もしかして、アルブレヒトとか、向いているタイプなのかしら。親友がティボルトに刺されてしまって、息途絶える前の表情は、思わずせつなくなるくらいでした。それでもすぐには、ティボルトに向かっていけません。そこからようやく刀をとって、親友のかたきを討つシーンもよかった。スティーブンくん、白鳥の湖でもよいかもしれません 黒鳥の誘惑に負けて、白鳥を裏切ってしまった後悔にうちひしがれる王子。ぴったりでしょう

ティボルトの死に方(っていうのもなんですが。。。)は、もうちょっとっていう感じでした。眼力が足りないのかな。そして、ティボルトの死に半狂乱になるキャビュレット夫人コワイコワイ ざぶとんみたいなカツラが脱げそうになるくらい、のたうちまわって嘆き悲しみます。ここは、いつみても、どのバレエ団でも本当にコワイシーンでぞくぞくしますね。今までで一番怖かったのは、尾本安代さんのキャビュレット夫人でした。今でも忘れられないくらいこわかった

ロミオ役のスティーブンくんの良さが発揮されたところで、第3幕へいきます!

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

はぎりん

Author:はぎりん
………………………………………
❤大人から始めたバレエ❤

踊るのも、観るのも、すっかりはまって
しまいました♪

海外旅行にもレオタードとシューズを
持参、バレエ公演のチケットをおさえ
てから、航空券を予約します(笑)

が、現在はバレエはお休み中。
もうひとつのお楽しみ、リコーダーを楽しく吹いています!

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。